怖くない治療法

安心して治療が受けられる

health check

サイバーナイフは、放射線治療装置のことを言います。肺がんや肝臓がんなど、がんが発症した部位に集中的に放射線を当てることでがん細胞をなくしていくという治療法です。以前はがんは手術で直接切除していくという方法を取っていましたが、医療技術の進化によりメスを使わなくてもなくすことができるようになってきています。サイバーナイフで実際に行なわれる治療は、放射線治療装置に設置されているベッドに横になり行なっていきます。高度な画像分析や機械により、動かず横になるだけでがん細胞を刺激し、数回の治療を受けることでがん細胞を小さくすることができます。肺や肝臓はもちろん、最近は頭蓋骨内にできたがんにまで対応しているのです。以前では放射線治療というと、患者が動かないようにフレームで体を固定するのが一般的でした。少しでも動いてしまうと放射線が正常な部分まで刺激を与えてしまうためです。しかし、現在のサイバーナイフは数ミリの動作では全く影響はありません。入院もなく日帰りで治療が受けられるので、治療に対して気負うことも無いのです。

治療法が変わる

サイバーナイフの治療は、がん細胞をなくすのに効果的な治療ですが、がんができた部位によって治療が行えないことがあります。治療ができない部位としてあるのが、呼吸器系に関わる部位です。喉や下咽頭などの部位にがんができた場合、治療できない可能性があります。実際に医師に状態を診てもらわなければ判断できないため相談してみましょう。治療できる場合は、放射線治療だけでなく抗がん剤治療法も行いながら併用していくことがあります。どちらの場合もがん細胞をなくすのに効果的です。その人のがんの状態によってサイバーナイフの治療法は変わっていきます。