先進医療でがん治療

食道がんとはどのような病気なのか

health check

日本人の死亡率がもっとも高い病気ががんです。がんには様々な種類があり、がんが発生した部分によって名称が変わってきます。
例えば、胆のうにがんが発生してしまった場合は胆のうがんと呼び、がんの細胞が胆のうで発生したという事を表します。
胆のうにがんが発生してしまうのが最も多いのは60代の方がで、男性よりも女性に多いようです。
高齢者の方のように、細胞分れるなどが活発ではない場合は比較的転移が少ないのですが、若い方ががんになってしまった場合は進行が早くなってしまうので注意が必要です。
多くのがんは初期症状が無症状という場合が多く胆のうがんも例外ではありません。進行すると腹痛や発熱、黄疸といった症状が表れますが、単なる体調不良だと自己判断してしまう方が多いため、がんの発見が遅れがちになってしまいます。
そのため、定期的に診断を受けて早期発見を心掛けましょう。

ガンを予防するためには

胆のうがんが発見されてしまった場合の治療方法で最もメジャーな方法が外科的切除となっていて、がん細胞に侵されてしまった臓器を切り取る手術が行なわれます。
手術をする理由としては、完治のための切除と、がん細胞が他の臓器への転移を防ぐことが目的です。
手術の際にがん細胞を残してしまうとがん細胞が別の細胞に転移してしまう可能性があるのでしっかりと切除する必要があるということを覚えておきましょう。
しっかりと切除するためには先進医療の1つであるサイバーナイフなどでがんに侵されてしまった細胞を排除していきましょう。
サイバーナイフはがん細胞の部分に放射線を当てながら切除出来るようになっているので、がんに有効な治療を行なうことが出来るようになっているので完治の可能性が高くなります。

怖くない治療法

health check

サイバーナイフは、体にできたがんをなくすための効果的な最新技術の治療法です。従来の治療法とは異なり、体に負担がかからない方法として取り入れられています。場合によって治療法が変わるため、まずは医師に診てもらいましょう。

Read More...

情報収集が大切

health check

ガンマナイフとは、放射線を照射して、腫瘍を取り除くという治療法です。この治療法はあまり普及していないのですが、癌によっては完治する場合もあります。この治療法の他にも、サイバーナイフと呼ばれる治療法もあります。

Read More...